The 禅

インクワイアリー(自分に問う)とは?

それは調査だったり説明だったりするが、多くは見つけたいという願望の意味だ。
“これは何か? それはなぜか?  何が起きているのか?  
それはどこに向かって行くのか?” その問いは何か?” 

もしあなたがその問いに入って行ったなら、
核の部分に何を見つけるだろう? 
その質問の核には無知がある。

一つの問いを尋ねるとき、
あなたはそこに何か自分が知らないものが在ることを認めていることになる。

けれども、その問いは、単に無知だからではなく、
無知それ自体が質問を作り出しているということでもない。
知らない、そして問わないという可能性もある。

一つの問いは、その中に知らないということを含んでいる。
でも、知らないということは、知らないということを知っているということだ。

あなたは知らないということを知らなければ、あなたは問うことはできない。
だが、これはあなたが知らないことを知っているだけではなく、
あなたが知らないことの何かは知っているということでもある。
そうでなければ、それについての問いを尋ねることはできない。

何かについて尋ねるとき、
あなたは知らないことを認めており、
知らないというその感覚を知っている。

だから、無知であることを知ることに加えて、
Possible Knowing(可能な知)を知る場所から問いはやってくる。
そして、このPossible Knowing(可能な知)は、
ある意味、あなたの意識を貫き、問いとして創出する。

それはあたかも何かがあなたの内側からくすぐっていて
「ほら、ここを見てごらん。何かあるよ。」と言っているかのよう。

無知の香り、無知を知ることのその味わいがあるとき、開花が立ち上ってくる。

ーーSpace Cruiser Inquiry by A.H.Almaas

関連記事

空間メタファーとインクワイアリーする

2019.11.10

クリーン・スペースというワーク 私たちが何かを見るとき、私たちはそれを空間の中のどこかに見ます。音を聞くと……

今なぜインクワイアリー(自分に問うこと)が必要なのか? 10の理由

2019.10.24

一つ目の理由 それは、現在の社会は、私たちの信頼に応えてくれる社会ではないから。 行政が頼りにならないとき、私た……

グループ・インクワイアリー

2019.11.19

花びらが集まって美しい模様を描くように、同じ方向に向かって探求している人たちが集まると、そこにある形が描かれてゆ……