The 禅

インド聖地巡り

Hampi(ハンピ)の寺院を巡りながら、今回の旅のテーマであるスペース(空間)を追い続けた。

なぜ、何のために、を脇に置いて、ともかく欲しい空間を見つけるたびに、カメラのシャッターを切ったのだ。

途中で、その画像の中に猿が出現した。そのことに、意味もなくワクワクした。

それは、空間メタファーの中に突如としてシンボルがEmarge(創出)したときのワクワクだ。全く予期せずに、知りたかったっことが見つかったときのように、、、。

ところが猿たちは、こちらの興奮などには無関係だと言わんばかりに、遠くを眺めたまま、とても静かでいた。

瞑想って何だろう? 私は何を探し求めてきたのか? 猿の背中を見つめながら、ため息をついた私がいた。

もしも彼らに話すことができたら、きっとこう言ったに違いない。「その問いかけが答えだ。」と。

そして、私のため息は、文字通り、その答えを受け取った証し。

もう誤魔化せないと降参したということ。

猿のように身軽にではないけれど、コツコツと努力して高みに到達したと思い込んできた。ところが、目の前に広がる幻想の世界は遠くなっただけで、以前目の前に存在する。

“そのバッファロー・マインドを切り落とせ!”

突然そんな声がした。

そうだ! あれも、これも、すべてはマインドの産物ーー自分から罠にはまってどうする!

観光客がいっぱいのシバ寺院にやって来た。面白いことに、ここの猿たちはずっと騒がしいように見受けられる。バナナをひったくるし、群れの中でもしょっちゅうケンカしているふうだ。

人間がいるところは騒がしい。そして騒がしいのは、人間そのものではなく、彼らのマインドなのだ。

関連記事

マインドの巧妙さは、まるで手品師のよう。

2019.06.21

  手品師が一瞬のうちに二つの壺の中にあったものを入れ替えたように見せ、さあ、どっち? と聞かれて指さす。残念なが……

モスクで暮らしたい。そして過去性の話。

2019.07.23

もしそれが許されることならば、モスクで暮らしたいーー私はほぼ間違いなく過去性でコーランを唱えていたはずで、トルコに行……

信頼し、瞑想して、見る

2019.08.15

今朝のOsho講話から一つ。 瞑想に入るときに、まず「信頼する」というのがスタート地点だと語られていました……