The 禅

内側にある空っぽのスペース・そこにくつろぐ

瞑想が進んでくると、徐々に気づきの質が変わってきます。

瞑想が進むというとき、それは、今まで真っ暗闇だったスペースに意識の光が灯されたことで、中が見えやすくなっているということです。今までのように恐る恐る、あてずっぽうに、あちこちにぶつかりながら進むのではなく、私たちが「内側」というそのスペースは空洞なのだということがわかってくる。ーーすると、とてもシンプルにくつろぎます。

目を閉じて坐っていても、まるで緊張がないのです。むしろ、そうしていることは自然なことであり、Emptiness(空)の中にただ在ることが生の歓喜をもたらします。

何一つ目指すべきものなどなく、これ以上必要なものなどないことが理解できます。

私がしたことは、30日間、単に毎日1時間坐るというのをひたすら続けただけーーそして、これは誰にでもできることだというのを確信したのです。

瞑想できないという人は、”瞑想”ができないのではなく、生活習慣にちょっとした工夫が必要だったり、まだ知らない自分の能力に気づくことがカギなのだとーー。

私が個人セッションを提供しているのは、そのカギを手渡すためだけだというのがますますはっきりしてきたのです。

あなたの心の真実にふれるセッション:体験コースもあります。

関連記事

ひとたび Stillness Point(静止点)を見出したら。

2019.07.24

何にも動じないその静止点を見出したなら、あなたの人生は変わり始めます。ひとたびその静止点がわかったら、それは二度……

マインドの1次元的探求ではなく、ノーマインドの3次元的探求へ

2019.08.01

「スペース・インクワイアリー」というワークでは、スペース(空間)を物理的に移動しながらあなたの内面を探求するとい……

瞑想者として生きるとき、人生は神秘に満ちている。

2019.08.03

遠くの空に流れる雲。鳥のさえずり。独りの空間。ゆったりと過ぎてゆく時間。何もすることがなく、どこへ行く必要もない……