The 禅

その種を蒔く土壌は十分に耕されているだろうか?

その土壌がフカフカなとき、きっと神が宿るだろう。

自分がやっていることが幸せ・歓び・楽しさをもたらしていら、あなたはきっと正しい道の上にいる。反対に、毎日が苦痛・後悔・嫉妬などに満ちていたら、あなたは間違った道の上をゼイゼイ言いながら、進んでいるに違いないーーこれは、私がある時期とても助けになった真実の言葉でした。

ゼイゼイ言い出したら、とりあえず立ち止まって、自分がやろうとしていることの土壌がフカフカしているか、渇いていないか、栄養素がいっぱいかを確認してきたなぁと思います。

 

タネがコントロールされようとしているこの社会で、私たちが無事に成熟してゆくためには、意識的であることがはっきりと求められていますね。そして、自分の責任で、自分の人生を選択することも、今やあたりまえのことなのです。

 

その土壌には神を招き入れることができるだろうか? 神が宿ることができるだろうか? と自分に尋ねることにしています。

関連記事

瞑想者として生きるとき、人生は神秘に満ちている。

2019.08.03

遠くの空に流れる雲。鳥のさえずり。独りの空間。ゆったりと過ぎてゆく時間。何もすることがなく、どこへ行く必要もない……

育成とは何だろう?

2019.07.22

子どもは勝手に育つーーそれは木々が自然の中であたりまえに必要な栄養素を得て育つのと根本的には同じです。 と……

目の前でマーヤ(幻想)が溶けてゆく瞬間も目覚めている

2019.08.06

この瞬間にも、目の前のすべてが、マーヤ(幻想の世界)が溶け去るかわからない、、。そんな時代に私は生きているのだと……