The 禅

私が愛している瞑想・その2

朝起きて最初にマインドにやってくることは、今朝どのタイミングなら1時間坐れるかな? ってこと。

ふと時間が空いたときに、ぼっ~とするくらいなら坐ろって。

できればずっと坐っていたんだ私…という気持ちになるヴィパッサナー瞑想は、大好きな瞑想でしょうね。これだけ坐るってのはそうだと思う。たぶん過去生でチベット僧だったのは間違いない。北インドのラダック地方に行ったときに懐かしかったもの。

そう言えばもう数えるのを忘れていたけど、毎日1時間坐るようになって4ケ月は過ぎました。3か月を過ぎる頃から、坐り方が半端なくキマルようになってきた。どこにも緊張がないんです。すべてのコツは呼吸。

はじめての瞑想会ではそういうことを教えています。まあ、基本瞑想しか脳のない人なので、こういう使い道があってまだ良かったと思っています。ちょくちょくDasoって変わってるって言われるんですが、自分では昔から典型的日本人だと思っていて、別にふつーじゃんって思ってる。

生真面目だし、羞恥心強いし、めちゃ外国人に甘いし、Noを言うのが下手。でも、そんなふつーの日本人である私がこれだけ瞑想できるんだから、他の日本人もできてあたりまえというのが私のスタンスです。

ちなみに今は日本に住んでいるから「日本人に」って言っているけれど、私ってすぐ環境に染まるので、仮にそうだなあ、、スペインとか住んだら、ラテン語習得して、ラテン系の瞑想にハマっていると思います。(どんなんや?)

私がマジ変な人になったら、きっと日本には住んでいません。なので、そうなる前にお訪ねくださいね。

 

 

関連記事

私が愛している瞑想・その4

2019.10.02

やっぱり最初に出会ったOSHOダイナミック瞑想は強烈だったし、好きな瞑想の一つであることは間違いない! この瞑想しんどい……

私が愛している瞑想・その5

2019.10.03

自己探求の道具としてのインクワイアリー。これはもう何十年もの間、私の瞑想を深めてゆくガイドとして役立っています。インクワ……

私が愛している瞑想・その3

2019.10.01

ほんとのほんとのことを言えば、私の魂はグルジェフ・ムーブメンツの世界に生きることを切望しています。スーフィーとして、永遠……