The 禅

瞑想者ならわかる日本人が”間”を必要とする理由

最近のマイブームは、「脳の機能と日本語」についてなのですが、それは偶然出会った「日本語人の脳」角田忠信著という書籍から始まりました。ツノダテストという著者が考案したテスト結果に沿って書いてあるので一気読みができるような本ではないですが、意味不明な図式の合間にハッとするような記述があり、実験好きの私にとっては興味津々です。

簡単に要点だけを言うと、【左脳優位(後述)】という日本人の脳は、日本語以外の言葉を話す他の人種と違っているらしい。彼の研究結果では唯一日本人と同じ左脳優位の人たちはポリネシアンだけだそうな。ガラパゴス現象が生まれたのもある意味頷けるかもしれませんね。

【言語は思考の基盤】

人間の思考の基盤は言葉。私たちは言葉を聴き、理解して、話し、コミュニケートする。特に英語との比較でわかりやすいのだけど、まず日本語50音を思い出してみてください。か行、さ行、と見ていくとすべての行に母音がありますね? (最後におまけみたいに「ん」ってくっついているけど、ま、それは置いといて。)英語のアルファベットは、e,b,c,d,e,f,g…..26音のうち母音はa,e,i,o,uの5つだけ。つまり日本語というのは母音を多く使う言語なのです。

【左脳優位とは?】

検査結果に基づく理論付けをどう理解するかは人それぞれで、私の拙い解説が返って誤解を招くのは避けたいので、むしろ身近な例を取って説明したほうがピンと来るんじゃないかと。

欧米人には虫の鳴き声が聞こえないという話を聞いたことはないでしょうか? また、日本人は「鶏の鳴き声は?」と聞かれたら「コケコッコー」に決まってますよね? でも、欧米人は「ククルルル~」なんですって。そんなふうに動物の鳴き声が違って聞こえる話も有名です。

脳の優位性とは、文字通り右脳と左脳のどちらが優位にその音を受け取るかなんですが、欧米人の脳は、言語の中の母音、喜怒哀楽など衝動的な人の声、虫や動物の鳴き声、波や雨音、邦楽楽器・洋楽楽器、機械音は右脳で受け取るらしく、言語の部分で言うと、母音はまるで音楽のように聴くらしいです。左脳で受け取るのは言語の中の子音だけ。

日本人は、欧米人が右脳で受け取るこれらの音のほとんどを左脳で受けとり、右脳で受け取るのは洋楽楽器と機械音だけ。しかも邦楽楽器は左脳だし、言語の中には子音・母音が含まれる。さらには、右脳で受け取る音だけが聞こえている間は右脳優位だけど、左脳で受け取る音が聞こえ始めた途端、左脳優位となって右脳優位の音も左脳経由で処理されることになると言うのです。

どういうことになるかと言うと、仮に外国語のレッスンをしているときやクラシック音楽を楽しんでいるときに、ちょっとでも雑音があると、左脳が働いてしまうということ、つまり、日本人の左脳はそうとう優位で、いつもいつも左脳ばかり使っているという結果が見えてくるわけです。

あと面白いなと思うのは、Beer がビール(bi-i-ru)になったり、Coffee がコーヒー(ko-o-hi-i)になったりするのも、脳のせいなんだ!(笑)

著者が言うには、この優位性は6~8歳頃の言語環境によって決定され、DNAには関係ないということ。なので、日本人でもその頃にバイリンガルで過ごした人の脳はひと味違うかもですね。

【左脳を休めたい!】

さて、やっと本題です。

私が瞑想を始めたきっかけもストレスから解放されたかったからですが、静寂の空間を体験的に知るようになって、日本の文化を再認識し始めた頃から、日本人の「間」のとり方、「場」の重要性に対する無意識層での共通認識などに注意が向かうようになりました。

その視点から忙しい都会人の生活を見ると、ほんとうに悲惨だと思うのです。最近個人セッションにいらっしゃる方たちの症状は、ひと昔前の嫉妬心、懐疑心、依存心といった感情レベルの問題から、明らかにストレスが原因だと思えるような身体症状の悪化に気が付きます。

本人は何とかしたい。私も何とかサポートしたい。でも、お金がない、時間がない、家族の理解がないーー。そこでマゴマゴしていても状況は変わりません。

セッションを受けるにしろ、受けないにしろ、まずは瞑想をマスターして欲しいのです。瞑想は、あなたがDNAレベルで知っている「間」のとり方を、「場」の重要性よりも自分のスペースを優先することを、思い出させてくれるからです。

そしてね、左脳で考えてばかりいるその問題は、あなたのマインドに属していて、そこには答えなどないことは、実のところあなたが一番良く知っている。

どっしり右脳にいられる瞑想体験は、あなたの問題から飛び出て、愛と勇気につながる創造性のエッセンスを与えてくれるのは間違いないって、あなたの感性は知っているはずです。

私のメッセージはひと言、もっと左脳を休めようよ!

はじめての瞑想会

たった3日で良いから通ってみて。
そして瞑想の基礎を身につけてください。

関連記事

瞑想の深みであるがままの自分が出現する

2019.08.03

私はどんなに辛いことや苦しいことがあっても、そこから逃げずにちゃんと自分の面倒を見てきたと思い込んでいました。経……

As above, So below(上なる如く、下もまた然り)

2019.01.21

古代の人は言った。 「上なる如く、下もまた然り」 この言葉の中には、神秘主義の最も根源的な真実が含ま……

ヴィパッサナー瞑想21日目ーー耳鳴りが消える瞬間を見た!

2019.06.01

いつもいつも遠くで、あるいは近くで響いている鈴なりの音は、もはや私のからだの一部と言えますが、ちょっとしたジレン……