The 禅

「瞑想する」というのは、何も特別なことではない


画像を見てください。この中には「光」の部分と「影」の部分があります。と聞くと、マインドが光と影を区別するのがわかりますか?

あるがままを見るというのは、この画像の全体性をそのまま受け入れることです。

瞑想するというとき、それは区別しようとするマインドを脇に避けて、物事のあるがままを見ることーー光と影ではなく、全体を見ることを言います。

それは実のところ、とてもシンプルなことです。ところが複雑さを追求するマインドにとっては、そのシンプルさがわからないーーそこで右往左往する。だからこそOsho瞑想を通して、「見守る力」を育ててゆくことが大切なのです。

はじめての瞑想会」は、定期開催を予定していますが、まずは一度でも参加してみられることをお勧めします。

関連記事

レスポンス(応答)とリアクション(反応)の違い

2019.05.27

リスを撮ろうとしていて、彼が飛ぶ瞬間を捉えたのがレスポンス(応答)だとすれば、それを察知して逃げたリスの動きは、リア……

アクティブ瞑想

2018.12.29

早朝にやる“Oshoダイナミック瞑想” アクティブ瞑想の中で、早朝にやるのに適している瞑想が「Oshoダイ……

目の前でマーヤ(幻想)が溶けてゆく瞬間も目覚めている

2019.08.06

この瞬間にも、目の前のすべてが、マーヤ(幻想の世界)が溶け去るかわからない、、。そんな時代に私は生きているのだと……

ブログ更新通知

日常でできるユニークな瞑想法や誰でも参加できる自己探求ワークショップの案内など有益な記事が満載です。登録するとブログの更新通知が届きます。

ご登録ありがとうございました!

カテゴリー