セッションギバー・トレーニング

数々の技法を総合的に使うダソのセッションを受けることで技を学び取ろうというガッツのある人へ。自分自身の内的プロセスを見守られながら、セッション提供者としての自信をつけていけます。

 

何を習得できるのか?

1)クリーン・ランゲージのクリーンな問い
セッションをはじめるときに大切なラポール(信頼関係)を築くために、クリーン・ランゲージのクリーンな問いというのを活用できます。これは他のさまざまな場面に応用できるので、ツールボックスに入っていると安心できるものです。

2)家族の座と呼ぶ家族セラピーの3つの技法
セッションの内容には、かならず本人と関係する課題(仕事・親密な関係にある相手・お金など)が出て来ますが、その課題と自分の位置関係を見るのに、家族の座と呼ぶ家族セラピーの3つの技法がとても役に立ちます。その課題との間に距離を持つことで、新しい視点で課題を見つめることを可能にします。

3)瞑想とインクワイアリー
この二つはダソのセッションを受けながら習得していくことになりますが、技や在り方をモデリングするというよりも、自分自身の気づきの体験による理解があなたの中に浸透してゆくプロセスです。

 

トレーニング期間と参加費

3か月/30万(分割払い可)

※家族の座はかならず1度は参加者として受ける必要がありますが、2回目以降はNo Mind主催「家族の座」は無料でヘルパー参加でき、その中でも学んでいけます。

ご興味のある方は、お問い合わせから、お気軽に事前インタビューをお申し出ください。

受講生の言葉

Dasoとの出会いは息子が1歳の頃。すでにその息子も14歳なのでもうずいぶん長いお付き合いになったと思います。

昨年より開始された Session Giver Training。数ヶ月にわたるトレーニングは正直好きではなく、他で受けたことないのですが今回は受けて本当に良かった、と思うばかり。

経営者として、新たなパートナーシップ、母として、講師として、様々な顔を持つわたしにとって対話をする際にいつも悩んでいたのです。どうしたら否定ではない関係性を築けるのか? を。

Dasoは一貫してその人のリソースと繋がることを第一に、そしてそこに繋がるのに傷となっているところを優しく気づかせてくれる、そんなアプローチの仕方をこのワークを通して教えてくれました。

結果、仕事・プライベートすべての面において素直に相手の良いところとつながっていけるようになっている、と実感する日々です。多くのセラピスト、愛し方を知りたい人、優しさを表現したい人に受けてほしいと思います。<HRC代表取締役:Sarupa>

 ===============================

まず最初に私はインクワイアリーにハマりました。「確かに自分に出会える」からです。そして、家族の座というワークでは、「人」の複雑さと愛をより強く体験しました。それら二つの体験をより広く厚く理解するのに、瞑想や本質についてのレッスンが大きな手助けになっています。

 今、私は数ヶ月前の自分との明らかな違いを感じています。「どこに自分がいるのか」ということにより意識的になりました。また、セッションや講座を行う時に、明らかに以前よりも落ち着いて広いスペースを持っていられるようになったと感じています。

それらのことがセッションや講座に参加してくれる方にとってプラスになっているのはもちろんですが、結局のところ、それらは私自身の日々の時間をより上質なものへ向けてくれているのではないかと思います。つまり、この生を、自分自身で生き切るという方向へ向けてくれているということです。それができるということは、とても幸せなことだと思っています。
   <クリーン・ランゲージ・ファシリテーター:神田なおえ>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Session Giver Trainingの感想

まず最初に私はインクワイアリーにハマりました。「確かに自分に出会える」からです。そして、家族の座というワークでは、「人」の複雑さと愛をより強く体験しました。それら二つの体験をより広く厚く理解するのに、瞑想や本質についてのレッスンが大きな手助けになっています。

  今、私は数ヶ月前の自分との明らかな違いを感じています。「どこに自分がいるのか」ということにより意識的になりました。また、セッションや講座を行う時に、明らかに以前よりも落ち着いて広いスペースを持っていられるようになったと感じています。

 

それらのことがセッションや講座に参加してくれる方にとってプラスになっているのはもちろんですが、結局のところ、それらは私自身の日々の時間をより上質なものへ向けてくれているのではないかと思います。つまり、この生を、自分自身で生き切るという方向へ向けてくれているということです。それができるということは、とても幸せなことだと思っています。