The 禅

自己探求の道ーーエニアグラム

私がいま自分自身の内的成長のためにコミットしているダイアモンドロゴス・ティーチングス(以下DLT)の中には「エニアグラム」の講義が含まれています。エニアグラムは、長年グルジェフ・ワークの一環としてインクワイアリーし続けてきているテーマなので、特別な関心を持っています。

過去数十年間、数秘の世界を紐解いてきた研究者として、私は、そもそも自己探求の道であるエニアグラムを、一般に解説しようとした人びとが作ったのが数秘学・数秘術という形になっていったのだろうと推測しています。さらには、エニアグラムでさえも、人格を診断する道具として使うという安易な考えは、方向性が間違っているというのが持論です。

人の人格を分析して得られることなどたかが知れていて、結局のところは「どう付き合えば良いか」や「相性が合う・合わない」の次元にとどまるしかないのです。

 

エニアグラムはもっと本質的な学びのための道具として作られたものです。知れば知るほど、そのことには確信が持てます。郷 尚文氏が書いている『グルジェフ総論:エニアグラム: 動く象徴から読み解く成長の道と性格の型』、そして、『覚醒の舞踏―グルジェフ・ムーヴメンツ 創造と進化の図絵』は私のバイブルですが、私はエニアグラムを理解したとは思っていなくて、ただそれを指針としてプロセスしているということは言えます。

つまり、それが探求の道具だと言うのは、どこかにたどり着くためのものなのではなく、たった今に目覚めるためのものだということーーエニアグラムの円周にとどまるというのがすべての要点だと思われます。

 

本質的なエニアグラムとは?

DLTの創始者であるファイザルが、イギリスの人気オンラインテレビ「Conscious TV」で特集しているエニアグラムのスピーチでスペシャルゲストとして語ってくれています。それぞれのエナ(数)タイプの持つエッセンスを「ピンクの愛」などと名付けて話してくれるのが、とても興味深いです。来年2月にはこれが学べるのかと思うと、今から楽しみです。

 

The Essential Enneagram by Faisal Muqaddam

 

2020年6月からDLTの新しいグループ・プロセスがスタートします。それに先駆け、2月にあるエニアグラムのコースには単独での参加も可能だということです。また1月19日に五反田で説明会が開かれますので、興味のある方は問い合わせてみてください。

お問い合わせはこちらへ

※corpconsciousness.com様より画像を転載させていただいております。

関連記事

言語の力とその誤用について

2019.06.25

  クリーン・ランゲージという技法を習得して5~6年になります。以前からヒプノシスとNLPの領域……

ヒプノセラピー・オンラインセッション

2019.10.09

  Roger Vaisey (ロジャー・ベイジー) 私が長年学んできたヒプノセラピーの先生に特別にお願いしてオン……

Siddharta:I must go my own way(私は私自身の道を行くべきだ)

2019.06.13

コンラッド・ルークス監督シッダルータ(アメリカ映画)1972年。原作はヘルマン・ヘッセの小説「Siddharth……