The 禅

瞑想とクリーン・ランゲージ・その③

Concept of communication and communicating a message between two head shaped trees with birds perched and flying to each other as a metaphor for teamwork and business or personal relationship with 3D illustration elements.

 

まずちょっとみなさんに尋ねたいのですが、瞑想と言うとき、みなさんはどんな瞑想のことを考えますか? あるいは、瞑想って何か知っていますか?

クリーンな問いの中に「そのXはどんな種類のXですか?」というのがあるんですが、私はこの問いを良く使います。

はじめての瞑想会」に来た人にはかならず尋ねていますね。

人の数だけ瞑想がある、というのが私の持論ですが、ほんとうにね、みんなそれぞれの理解でモノをしゃべっているので、ちゃんと聞いとかないと全然違う視点で話が進んで最後に「え? 何でそう思うの?」みたいなことが起きるんですよ。

またいろんな物事を瞑想にくっつけている人がいます。たとえば「私は瞑想すると眠くなる。」とか「瞑想するのは良いけれど、それに依存しないか心配だ。」とかね。

冗談じゃないっすよ。それは瞑想が原因なのじゃなくて、その人の問題なんだから! 全く(笑)。

そこでクリーンな問いの登場!

瞑想したい、というとき、

あなたは、何が起きれば良いのでしょう?

そこをはっきりして進むと混乱がないということが一つ。そして、二つ目に、自分の選択に責任が持てるということが言えますね。

この問いはインクワイアリー(自己探求)の入り口に使うのにもピッタリですが、これらを習得すると多方面に役立てられるわけです。(詳しくはコース中に説明があります。)

以下のコースでも簡単な基本の4つの「クリーンな問い」を習いますが、実は私たちがクリーンランゲージのセッションで使うのはほとんどこの4つなんです!!

ボディーワーカーのためのクリーン・ランゲージ

8月31日・9月1日大阪
9月15・16日オンライン
11月16・17日東京

そして、今とてもホットな注目を集めているこのテーマ「瞑想とクリーン・ランゲージ」10回連載のメールマガジンにご登録いただくと、連続物で読めちゃったりします。長年瞑想を主流にしてきた筆者が、最終的に行き着いたツール「クリーン・ランゲージ」の魅力は、誰にでも使える実用性にあるんです。