The 禅

これもまた過ぎ去る

This too will pass(これもまた過ぎ去る)

ある王様のお話です。彼はきっと、とても賢い王様だったんでしょうね、彼は感情的な浮き沈みを克服したいと思っていたと言います。

大昔の王様っていうのは、戦士や従者の他に、かならずメンターというか信頼できる相談役を置いていたんです。その賢者は王様のリクエストに応えるべく、指輪を彼に与えたんです。

「ただし、、」と賢者は言います。

「ただし王様、この指輪の裏にはある秘密の言葉が書かれております。あなた様がこの先、何か窮地に追い込まれるようなことがあったときに、その指輪を開けてみられると良いでしょう。」

「ふむ。」と王様は言いました。

あるとき、彼の王国が敵に攻め入れられます。人びとは逃げまどい、王様はお付きの者と一緒に国を追われます。しかも敵国の強者たちが追いかけて来る! 何とか岩陰に身を隠したものの、もはや見つかるのは時間の問題!

そのときです。王様は例の指輪を思い出しました。

敵の馬のひずめの音が近づいてくる、、。王様は指輪を開けた!

そこに書かれていた言葉は、「This too will pass(これもまた過ぎ去る)」

その瞬間、王の中に限りない静寂が訪れたのです。
彼は目を閉じ、その静寂の中にくつろぎました。彼の存在が、静寂の中に溶け込んだのです。

やがて馬のひずめが遠のき、王は遠くに昇る太陽をはっきりと目にしたのです。

This too will pass、、、これもまた過ぎ去る。

 

混沌とした苦難の時があれば、おだやかに暮らせる豊かな日々もある。そしてそのどちらも、また過ぎ去るのです。生は変化するものーーそれを止めることはできない代わりに、一瞬一瞬を精一杯生きることではないでしょうか?

関連記事

インド・ケララ編:トリートメント後の瞑想

2020.01.20

トリートメント5日目はKayasekamと言って身体中にリズミカルなペースで薬草入りオイルを繰り返し流すというも……

オンライン家族の座のミラクル(体験・説明会)を開催します!!

2020.04.21

  まずはじめに、私がこのワークにエネルギーを傾けている理由を知っておいていただきたいです。……

Siddharta:I must go my own way(私は私自身の道を行くべきだ)

2019.06.13

コンラッド・ルークス監督シッダルータ(アメリカ映画)1972年。原作はヘルマン・ヘッセの小説「Siddharth……