The 禅

いちばん忘れられている人はだれ?

とても長い間、いろんな人を見てきたと思います。

いったいそこには何が起きているのだろう?

彼はそこで何を見て、何を感じているのだろう?

彼が見るべきものを見るために、必要なことは何だろう?

私は言わば、その人の外側の目として、近すぎず、遠すぎないところにいて、しっかりと見守り続けるだけ、、。

この役割を通して学ぶことは、ほんとうに貴重だと思います。

人間の心理は複雑です。私はいわゆる学問としての心理学を学んだわけではないし、何かの専門家でもありません。ただ人の心理にとても興味があります。家族の座というワークに注力してきたのも、このワークが「あるがままを受け止める」という、私が求めてきたセッションギバーの在り方を教えてくれるからです。そして私は今、自分自身が学んできた貴重な体験を元にセッションギバーの育成に情熱を注いでいます。

セッションギバー・トレーニング

2月5日夜8時無料体験説明会はこちら

トレーニングの詳細はこちら

多くの技法があり、優れたトレーナーがいます。でも私自身が学びたいと思うティーチャー、トレーナーに共通して言えることは、彼ら自身が決してインナーワークを怠らないことです。これは私がもう何十年も守ってきていることですが、年に一度は最低3週間のリトリートを取ります。仕事は完全オフにして自分自身のインナーワークにその時間・空間を使うことにしています。そうしてはじめて他の人を見守るスペースが持てます。

いちばん忘れられている人はだれ?

さて、ここまで書けばわかると思いますが、このようなお仕事をしていると、つい自分を忘れます。私自身、何度も何度も「あ、また忘れていた。」というのを繰り返している気がします。自分の本質を知るまでは、それを繰り返すようですね。そしてそれを忘れていては人のケアなどできません。できるかもしれないけど、すぐに自分が渇き切ってしまう! それは、ほんとうに“命を削ること”だと思います。歳を重ねてきて、ますますそのことが体感として理解できるようになってきました。シンプルに言うと若い頃にできていたようなことができなくなってきているのです。そしてそれは良いことなんですよね。

自分の本質を知る

からだは老います。それがからだの本質的なこと。そして、私の本質=私の魂は、歳など取りません。魂、あるいは本質とのつながりを見出したら、そこにほんとうの安心が訪れます。

関連記事

インド・ケララ編;標高1800メートルに来ると瞑想は起きる

2020.01.18

アユルベーダトリートメント10日間を受けることにして、ケララ州の内陸で自然保護区の公園近くにある施設に来ています……

ヒプノセラピー・オンラインセッション

2019.10.09

  Roger Vaisey (ロジャー・ベイジー) 私が長年学んできたヒプノセラピーの先生に特別にお願いしてオン……

若返るというよりは、、、

2020.03.04

問題はエゴに属す。エッセンスはハートに属す。 このことは以前から体験的に理解していたことです。 でも、エゴが……

ブログ更新通知

日常でできるユニークな瞑想法や誰でも参加できる自己探求ワークショップの案内など有益な記事が満載です。登録するとブログの更新通知が届きます。

ご登録ありがとうございました!

カテゴリー